ネット株入門Top >  1・ネットで株を始める >  株の分散投資でリスクを抑えよう

株の分散投資でリスクを抑えよう

株式投資には、どうしてもリスクがつきものです。万が一、株を買った会社が倒産すれば、すべてがなくなります。
こういったことにならないように、投資先を分ける「分散投資」が大切です。

たとえば、銘柄を分けて投資をすれば、A社・B社・C社の株をそれぞれ買った場合、万が一A社が倒産してもB社・C社は残るので、リスクを小さくできます。
しかし、分散投資をすればリスクは抑えられる反面、リターンが小さくなることがあります。A社の株価が2倍になったのに、B社の株価が半分になりプラスマイナスゼロなんてことが起こることがあります。

また銘柄で分散投資をする場合、なるべく異業種の企業を選んだほうが賢明です。同じ業種ですと、同じような値動きになることがあり、分散投資をした意味が薄れます。
東証・JASDAQなど、市場を分散させるのも手です。

同じ銘柄の株を一度に買わず、時期をずらして複数回に分けて買うのもリスク回避になります。
株を買った時が高値だったってことはよくあります。一度に多くの資金を投資せずに、複数回に分けて投資すれば、買ってすぐに株価が下がれば損切りをし、上がればその都度様子を見ながら買い増しをしていくことで、リスク回避ができます。

関連エントリー

株って何?株のことを知ろう。
株で儲けるには?
オンライントレードのススメ
株で上手に儲ける大原則
株の分散投資でリスクを抑えよう
株式投資は余裕資金で


カテゴリー

スポンサードリンク

更新履歴