ネット株入門Top >  5・株式用語集 >  チャート分析(ちゃーとぶんせき)

チャート分析(ちゃーとぶんせき)

チャート分析とは?

チャートのかたちから相場の上げ下げや流れを分析・予測することです。
株価や出来高などの数値を統計的、心理的に分析して、将来の相場を読み取ろうとするのがチャート分析の基本です。いくつかの代表例をあげると、広く普及しているのは移動平均線で、6日、5週、200日など過去一定期間の株価の平均値を線で表し、相場の趨勢や転換点を判断するのに用いられています。ローソク足のいくつかの天井値、あるいはいくつかの底値を線で結んだものが「トレンドライン」で、それが右肩上がりであれば相場の基調は強いと判断します。また、チャートの山が3つ並び、真ん中の山が一番高いのは「三尊型(ヘッド・アンド・ショルダー)」で天井打ちを意味し、過去と直近の2つの底値が一致すれば「ダブル底」で底入れの合図と読み取れます。株価に出来高を加味したのが「逆ウオッチ曲線」で、時計の針に例えると6時が大底圏、12時が天井圏となります。このほか、チャート分析には騰落レシオ、サイコロジカル・ライン、一目均衡表、新値三本足などさまざまな手法があります。個人投資家としては、自分と相性のいいチャート分析法をみつけ、投資判断に生かすことが大切です。

関連エントリー

青天井(あおてんじょう)
悪材料(あくざいりょう)
アク抜け(あくぬけ)
上げ足(あげあし)
頭打ち(あたまうち)
アナリスト(あなりすと)
アヤ(あや)アヤ押し(あやおし)アヤ戻し(あやもどし)
歩み値(あゆみね)
委託手数料(株式売買委託手数料)(いたくてすうりょう)
委託保証金(いたくほしょうきん)委託保証金率(いたくほしょうきんりつ)
板寄せ(いたよせ)
いってこい(往って来い)
移動平均線(いどうへいきんせん)
因果玉(いんがぎょく)しこり玉
インカムゲイン(いんかむげいん)
インサイダー取引(いんさいだーとりひき)
陰線(いんせん)
陰陽足(いんようあし)
上値抵抗線(うわねていこうせん)
エリオット波動理論(えりおっとはどうりろん)
追証(おいしょう)
大型株(おおがたかぶ)
大引け(おおびけ)
押し目(おしめ)
終値(おわりね)
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)
株式ミニ投資(ミニ株)(かぶしきみにとうし)
株主総会(かぶぬしそうかい)
株主優待制度(かぶぬしゆうたいせいど)
カラ売り(からうり)
逆張り(ぎゃくばり)
グランビルの法則(ぐらんびるのほうそく)
ケイ線〈罫線〉(けいせん)
気配(けはい)(買い気配)(売り気配)
現物取引(げんぶつとりひき)
ゴールデンクロス(ごーるでんくろす)
小型株(こがたかぶ)
後場(ごば)
指し値(さしね)指値注文(指値注文)
ザラバ(ざらば)
塩漬け(しおづけ)
仕手株(してかぶ)
週足(しゅうあし)
証券コード(しょうけんこーど)
信用取引(しんようとりひき)
ストップ高(すとっぷだか)ストップ安(すとっぷやす)
前場(ぜんば)
貸借銘柄(たいしゃくめいがら)
大納会(だいのうかい)
大発会(だいはっかい)
チャート分析(ちゃーとぶんせき)
中型株(ちゅうがたかぶ)
月足(つきあし)
出来高(できだか)
テクニカル分析(てくにかるぶんせき)
デッドクロス(でっどくろす)
投資信託(とうししんたく)投信(とうしん)
東証(とうしょう)
成り行き(なりゆき)成行注文(なりゆきちゅうもん)
ナンピン買い(なんぴんがい)
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)
値幅制限(ねはばせいげん)
配当(はいとう)
売買単位(ばいばいたんい)
始値(はじめね)
初値(はつね)
日計り(ひばかり)
踏み上げ(ふみあげ)
ほふり
窓(まど)
約定(やくじょう)
陽線(ようせん)
寄り付き(よりつき)


カテゴリー

スポンサードリンク

更新履歴