ネット株入門Top >  5・株式用語集 >  アナリスト(あなりすと)

アナリスト(あなりすと)

アナリストとは?

証券または産業界に関する問題について調査を行い、投資家に投資判断の材料となる適切な情報を提供する専門家です。
一般に、証券会社をはじめ、銀行、機関投資家などは通常、1種ないしは数種の産業について専門的調査を行うアナリストを擁しています。アメリカでは、アナリストの権威を高めるため、1963年から公認会計士制度にならって、公認証券アナリスト制度を発足。日本でも1962年に、証券分析を通じて証券投資の健全な発展に寄与する目的で、東京証券アナリスト協会が設立されました。
その後、1969年に日本証券アナリスト協会と改称しています。ここで行われる検定試験にパスし、一定期間の実務を受けた人が、協会の検定会員として公認のアナリストとして認められます。

関連エントリー

青天井(あおてんじょう)
悪材料(あくざいりょう)
アク抜け(あくぬけ)
上げ足(あげあし)
頭打ち(あたまうち)
アナリスト(あなりすと)
アヤ(あや)アヤ押し(あやおし)アヤ戻し(あやもどし)
歩み値(あゆみね)
委託手数料(株式売買委託手数料)(いたくてすうりょう)
委託保証金(いたくほしょうきん)委託保証金率(いたくほしょうきんりつ)
板寄せ(いたよせ)
いってこい(往って来い)
移動平均線(いどうへいきんせん)
因果玉(いんがぎょく)しこり玉
インカムゲイン(いんかむげいん)
インサイダー取引(いんさいだーとりひき)
陰線(いんせん)
陰陽足(いんようあし)
上値抵抗線(うわねていこうせん)
エリオット波動理論(えりおっとはどうりろん)
追証(おいしょう)
大型株(おおがたかぶ)
大引け(おおびけ)
押し目(おしめ)
終値(おわりね)
外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)
株式ミニ投資(ミニ株)(かぶしきみにとうし)
株主総会(かぶぬしそうかい)
株主優待制度(かぶぬしゆうたいせいど)
カラ売り(からうり)
逆張り(ぎゃくばり)
グランビルの法則(ぐらんびるのほうそく)
ケイ線〈罫線〉(けいせん)
気配(けはい)(買い気配)(売り気配)
現物取引(げんぶつとりひき)
ゴールデンクロス(ごーるでんくろす)
小型株(こがたかぶ)
後場(ごば)
指し値(さしね)指値注文(指値注文)
ザラバ(ざらば)
塩漬け(しおづけ)
仕手株(してかぶ)
週足(しゅうあし)
証券コード(しょうけんこーど)
信用取引(しんようとりひき)
ストップ高(すとっぷだか)ストップ安(すとっぷやす)
前場(ぜんば)
貸借銘柄(たいしゃくめいがら)
大納会(だいのうかい)
大発会(だいはっかい)
チャート分析(ちゃーとぶんせき)
中型株(ちゅうがたかぶ)
月足(つきあし)
出来高(できだか)
テクニカル分析(てくにかるぶんせき)
デッドクロス(でっどくろす)
投資信託(とうししんたく)投信(とうしん)
東証(とうしょう)
成り行き(なりゆき)成行注文(なりゆきちゅうもん)
ナンピン買い(なんぴんがい)
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)
値幅制限(ねはばせいげん)
配当(はいとう)
売買単位(ばいばいたんい)
始値(はじめね)
初値(はつね)
日計り(ひばかり)
踏み上げ(ふみあげ)
ほふり
窓(まど)
約定(やくじょう)
陽線(ようせん)
寄り付き(よりつき)


カテゴリー

スポンサードリンク

更新履歴