ネット株入門Top >  6・株式関連本 >  株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる

作者:中原 圭介
販売元:日本実業出版社
媒体:単行本
発売日:2006/05/18

出版社/著者からの内容紹介
◎外国人投資家に負けないために、その投資行動を学ぼう
日本市場では、株価が底を打つとき、国内の個人・機関投資家の売りがピークとなる一方で、外国人投資家は買い集めを始めている。また、天井をつけるときには、国内投資家の買いに対して外国人投資家は利益確定の売りをぶつけている。
そして、外国人投資家の買いが増えれば、全体のトレンドは上昇となり、売りが増えれば下降となる。つまり、外国人投資家がつくるトレンドにいち早く気づき、トレンドが続く限り園トレンドに逆らわない投資スタイルを貫くこれこそが勝ち続ける条件である。
◎トレンド転換にいち早く気づく方法、それぞれのトレンドでの投資手法を詳説
外国人投資家の動向やチャートの形からトレンド転換に人より先に気づく方法、トレンドごとに「優良株」「仕手株」「材料株」「新興市場株」を使い分けるテクニックを、おしみなく公開しています。

内容(「BOOK」データベースより)
需給と簡単なテクニカルを使って上昇・下降・ボックス相場で儲け続ける投資術。

内容(「MARC」データベースより)
外国人投資家の動向をいち早く知り、需給と簡単なテクニカルを使って上昇・下降・ボックス相場で儲け続ける投資術を紹介。平均株価は騰がっているのになぜか儲からない-。そんな悩みを持つ個人投資家への福音の書。

カバーの折り返し
「平均株価は騰がっているのになぜか儲からない」
「相場が良いときに多少儲かっても、相場が悪くなると儲けを吐き出してしまう」
そんな悩みをもつ個人投資家への福音の書。
日本の株式相場を動かす外国人投資家の動向をいち早く知り、彼らがつくりだすトレンドを上手に利用すれば、上昇・下降・ボックス、どんな相場でも儲けられるようになる。
  

著者について
1970年生まれ。慶應義塾大学卒業後、金融機関、税務関係の仕事を経て、現在はファイナンシャルプランナーとして活動。個人投資家としては、国内株式に限らず、外貨や外債の運用も手掛ける。著書に『仕手株でしっかり儲ける投資術』(日本実業出版社)がある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
中原 圭介
1970年生まれ。慶応義塾大学卒業後、金融機関、税務関係の仕事を経て、現在はファイナンシャルプランナーとして活動している。個人投資家としては、国内株式に限らず、外貨や外債の運用も手掛ける。投資全般において、日々、研究・分析に取り組んでいて、ブログでも投資知識の普及に努めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

序章 上げ相場でも下げ相場でも儲け続ける私の運用スタイル
1章 大きな上昇相場では「優良株」を中心に運用する
2章 ボックス圏相場では「仕手株」を中心に運用する
3章 大きな下降相場では「材料株」を中心に運用する
4章 外国人の動向を追えばトレンドがわかる
5章 外国人の銘柄選びと売買タイミング
6章 新興市場株の銘柄選びと売買タイミング

カスタマーレビュー

売れてほしくない
株は簡単に儲かる的な無責任な本が氾濫しているなか、株の厳しさをやんわりと簡単なことばで諭してくれるのは中原氏くらいではなかろうか?どの本でも見たことがない方法であるのに、どんな相場でも負けない実戦的な方法であることは納得できる。できれば売れてほしくないなあ。

重宝できる著作
最近の相場が著書の書いてるとおりに動いているのには驚いている。優れた分析力はどのアナリストよりもマーケットの本質を理解していると思われる。著作のサポートではじめたというブログも高く評価している。我々投資家のためにもがんばってほしい。

著者の投資法は学べますが・・
ほとんど表に出てこない、外国人投資家の内側や考え方を、取材のような感じでリアルに伝えてくれる内容だと期待しましたが、違いました
著者の分析する外国人投資家の方法であり、ワンクッションおいての、三次的情報です。
ただよく外国人投資家の動向を調べているらしく、著者の主観というフィルターがかかりながらも、貴重な情報ではあると思います
しかしこの本のとおり動こうとは思わないのはなぜだろう・・・

勝ち方にこだわらない
この本を読むまで、 ファンダメンタル分析の方が地に足がついていて、 テクニカル分析は無意味という意見に寄っていたが、 この本を読み終え、日経平均が1万5千円を割れる頃には、 相場全体の大きなトレンドについて意識を向けないと、 株で勝つのは難しいことが理解できた。
含み損は膨らんでいるが、 本書の臨機応変の処方を実践していくことで、 よい方向に向かいそうな手ごたえは掴めたように思う。
ただ、レイアウトやデザインの問題なのだろうか? 具体例や図も結構あるのに、なんとなく味気ない。
一気に書き下ろして、構成について十分に練り込んでいないような書籍としての完成度の低さを感じた。

認めたくはないが…
長期投資命の僕の信念が揺らぎそうになったほど論理的で説得力ある文章だった。いや、中原氏の投資法のほうが優れていることを認めるしかない。それは2006年のマーケットが証明している。長期投資にこだわらずにこの方法が使えるよう努力したい。こんな良書を1575円で買えるなんてラッキーだった。

最高の株の本
今までのどの株本よりも新鮮味があった。筆者独自のトレンドごとの変幻自在のスタイルはどんな相場でも勝ち続けることができるだろう。もう少し早くこの本に出会いたかった。そうしたら5月からの暴落に巻き込まれることもなかっただろう。

関連エントリー

一歩進んだカブドットコムの「株」攻略術!
カブドットコム証券ではじめるネット株
株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」 ハラハラドキドキな嫌いな小心者のための投資入門
イー・トレード証券ではじめる ケータイ電話で売る・買うスピード株取引
土日でマスター!知識ゼロからのネット株入門
株の実践「資金1,000万円を超えたら」―資金に合わせた銘柄選択
とっておき中小型株投資のすすめ
図でわかる株のチャート入門―これだけで勝率アップ!
もっと株に強くなる『日経』の読み方―実践編
サラリーマン投資家のための 株・黄金分割比投資法―自然界のルールを相場に生かす
超図解 誰でもわかる!楽天証券でネット株
株取引の好機を逃さない!ケータイ超活用法 カブドットコム証券編
勝つための法則を探る 株システムトレーディング入門 CD-ROM付き
株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
図解 株で億万長者になる!「バフェット式」投資ノート
あえて、その株を買う理由―10年使える銘柄選び
偉大な投資家の株の買い方、売り方―伝説の19人
超図解 誰でもわかる!松井証券でネット株
日経マネーおすすめ!株ネット投資必勝法
超図解 誰でもわかる!マネックス証券でネット株
はじめてでも負けない!株入門―日本一わかりやすい超初心者向け読本
信用・デイトレも必要なし 低位株で株倍々!
4つの組み合わせで株がよくわかるテクニカル分析 MM法
松井証券ではじめる ネット株
イー・トレード証券ではじめる ネット株
金持ち大学教授が書いた株で4倍儲ける本
臆病者のための株入門
サラリーマンしながら株で月収4000万円稼ぐ会社四季報で儲ける売買法
宇宙開発技術者が教えるテクニカル分析で儲ける上昇株発見法
超図解 誰でもわかる!カブドットコム証券でネット株


カテゴリー

スポンサードリンク

更新履歴